扇状のお札

自分で行うクレジットカード現金化について

自分で行うクレジットカード現金化について

クレジットカード現金化は、最近では業者を間に通して行うのが普通ではありますがこれでしか現金化する事ができないわけではないんですね。
他にも、個人でクレジットカード現金化をする方法がありますのでそれを紹介していきましょう。

自分で購入した商品を現金化する

木槌
自分で購入した商品を現金化するのに一番手っ取り早いのは自分で商品を処分してしまうことですね。
クレジットカードで決済し、それを古物取引店などに持っていって買取をしてもらったり、オークションなどに出して購入してもらうことで現金化する方法です。
ただ、この方法だとまず自分である程度還元する事が出来る商品を選ばなくてはいけないし、買取金額もある程度割合で下がってしまうので、実際手元に残るお金と使ったお金の開きが出てしまいやすいです。
更に、オークションなどは買い手がそもそもつかなければ現金化する事が出来ないし、いつ買い手が現れるかもわからないので、確実性が薄くすぐにお金が必要な時は使いづらいということもあります。
そして、他にも購入した商品を返品することで現金化することもできるのですが、この方法はあまり何度も使うと怪しまれてしまうのでおすすめはできない方法ですね。

半分自力で出来るカード現金化

ituneカード
上記の方法は、どれもハイリスクだったり確実性に欠けるようなやり方なのですが半分だけ自力でやる方法はかなりお得です。
それが、ギフトカードなどを使ったカード現金化ですね。
昨今、現金化はギフトカードもかなり高めにされておりAmazonギフト券だったり、Itunesカードだったりする物は高めの換金率で現金化をする事が出来るんですね。
これを、自分でクレジットカードで決済してから現金化するとクレジットカードを直接現金化するよりも、リスクを抑えて有効活用する事が出来るんですね。
ギフト券は、特にクレジットカード決済をするとメールでコードを送信してもらうタイプの物を使えば、商品が手元に届くのを待つ必要はありませんので、すぐに現金化をする事が出来る利点もあります。
こちらは即日で取引する事が出来るのでおすすめですね。

便利な現金化

カード現金化は、便利ではあるのですが手数料などがかかってしまったりすることもあるし、現金化業者選びなどがある程度大変だったりすることもありますので必ずしも便利というわけではないんですね。
なので、自分で行う事によってその大変なことをカバーする効果があるのです。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017ショッピング枠とキャッシング枠は違いが、キャッシング枠が一杯でも使う事ができるショッピング枠All Rights Reserved.