扇状のお札

悪徳業者には注意!クレジットカード現金化をする時の落とし穴

悪徳業者には注意!クレジットカード現金化をする時の落とし穴

クレジットカード現金化は便利ではありますが、使う業者を間違えてしまうと自分が損をしてしまうこともあるんですね。
今回は、クレジットカード現金化に潜む悪徳業者についてを細かく解説していきましょう。
自分が使う時は騙されないように気をつけてください。

クレジットカード現金化の悪徳業者

詐欺師
カード現金化、というのは買い物決済をした商品の買取やキャッシュバックを利用して現金化する物です。
なので、必要なのはクレジットカードの使用者の本人確認が出来るかどうかだけなんですね。
なので、基本的にはカード現金化する時は業者には自分の免許証などの本人確認が出来る写メなどを書類提出するだけでいいんですね。
しかし、悪徳業者は裏で闇金などとつながっているような業者なので、個人情報を何かと聞き出そうとしてくるんです。
特に、住所やクレジットカードの情報などを細かく聞き出そうとしてくるような対応をされた場合はその可能性が高いので要注意です。
本人確認と、精々電話番号と連絡用のメールアドレス程度はフォーム入力をしたりする事がありますので、それは知られることになりますがそれ以外の個人情報を執拗に聞き出そうとしてくる業者はかなり怪しいので取引をしない方が無難ですね。

悪徳業者と取引してしまうとどんなリスクがあるのか

一番のリスクは、悪徳業者を通じて闇金融などに自分の個人情報が流れてしまう事ですね。
ダイレクトメールや電話などで、怪しい金融会社からの勧誘が絶えなくなったりして、迷惑を被ってしまう事もあります。
更に、悪い状況になるとクレジットカードの情報を悪用されてしまったりすることがあるんですね、こうなってしまうと本当に金銭的な不利益を被ってしまうこともありますので、特によく気をつけて取引をしなくてはいけません。
悪徳業者は、そのやり口が割りと杜撰だったり弱みをついてくるような、客商売をしているとはとても思えないようなやり方をしてくるので、冷静になってみればすぐにわかります。
ただ、向こうはこちらを焦らせてくるので相手の話口に騙されないようにしましょう。

悪徳業者に関わってしまったら

電話問い合わせなどで、申込みをしてはみたもののこれは悪徳業者だな、と思ったらどうすればいいのかがわからない人もいるでしょう。
こういう時はとても簡単、そのまま何も言わずに電話を切っても問題或りません。
契約する前ですから中断しても法的には処罰を受ける事はないですからね。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017ショッピング枠とキャッシング枠は違いが、キャッシング枠が一杯でも使う事ができるショッピング枠All Rights Reserved.