扇状のお札

現金化をするリスクとは?

現金化をするリスクとは?

クレジットカード現金化は、とても今消費者金融になり変わるくらいの利用者が増えている物なんですね。
しかし、クレジットカード現金化というのは実はちょっとしたリスクがつきものなんですね。
そのリスクを理解して使わないと、損をすることがあります。

カード現金化のリスクとは


カードのショッピング枠を現金化するのは、法律違反ではありませんので逮捕されてしまうということはないです。
しかし、クレジットカードの利用規約に違反している行為なんですね。
あくまで、クレジットカードの利用というのは買い物決済などのために使うものであって、それを現金化するために使うのは禁じられているのです。
特に、カード現金化というのはそういった部分でグレーなところを渡っているところもあります。
カード現金化は、直でショッピング枠に対してそのままお金を渡すというのは違反行為なんですね、だから買い物決済などを間に挟むことによってその隙間を抜けているわけなのです。
しかし、厳密にはカード決済をして購入した商品というのは決済後の請求されたお金を払って初めて所有権が渡る物なんで、言ってみれば所有権がカード会社にある状態で勝手に売却してしまう行為なので、グレーゾーンなんですね。

もしもカード現金化をしていることが発覚したら

もし、カード会社にカード現金化をしているということが発覚してしまったら具体的にどのようなリスクが発生するのかというところが気になるところですね。
カード現金化はあくまで法律上では違法行為ではありませんので、法的な処分を受ける事はありませんが、クレジットカードの利用規約違反になってしまいます。
カードの利用規約に違反した行為をするとどうなるかというと、まずクレジットカードの利用停止状態になります。
なので、キャッシングとショッピングどっちも使う事ができなくなってしまうわけですね。
更に、一時停止の場合であれば解除してまた使うことが出来るようになることはありますが、停止処分になってしまうとその後クレジットカードを使う事が出来なくなってしまいます。

カード利用停止の大きなリスク

カードの停止処分を受けると、そのカードが使えなくなるだけではなく分割払いやリボ払いで蓄積していた分のお金を一括で支払わなくてはいけなくなってしまいます。
更に、信用情報にもブラックリストのような形で残ってしまうこともあったり、かなり不利なことがたくさんあるんですね。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017ショッピング枠とキャッシング枠は違いが、キャッシング枠が一杯でも使う事ができるショッピング枠All Rights Reserved.